技術的セキュリティ対策

実行形式のファイル(拡張子がexe)はメールで送信しないこと

2009年4月14日 11:18 | コメント(0)
実行形式のファイル(拡張子がexe)を添付して
メールで送信してはいけません。

実行形式の添付ファイルは
ウイルスが含まれている可能性があるため、
受信拒否をしているケースが多いため
です。


Outlook Express、Outlookといった
一般的なメールソフトでも、
初期設定で受取ができないようになっています。


メール使用のエチケットとしても
実行形式のファイルはメールで送らないようにしましょう。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

実行形式のファイル(拡張子がexe)はメールで送信しないこと
実行形式の添付ファイル(拡張子がexe)はウイルスが含まれている可能性があるため、送信しないようにしましょう。
パスワードをデスクやモニタに貼らないこと
パソコンやモニタに付箋などにメモしたパスワードを貼ってはいけません。
迷惑メール対策に強いメールソフト(メーラー)を使おう
仕事を効率よく進めるためにも迷惑メール対策は早急に!メールソフトは迷惑メール対策に強いソフトを使いましょう。
高価なセキュリティ、ネットワーク機器を薦める業者は要注意
高価な機器がなくても技術的なセキュリティ対策はしっかり行えます。高価な機器やソフトを無意味に薦めてくる業者は要注意!

コメントする