情報セキュリティの知識

ウイルスに感染したかも...と思った時に最初に取るべき行動とは?

2009年4月17日 14:04 | コメント(0)
「パソコンの様子が急におかしくなった。
もしかしたらウイルスに感染したのかも...」


と思った時、
まず最初に取るべき行動は
「パソコンからLANケーブルを抜きとること」です。
無線LANを使っているパソコンでは、
無線LAN機能をオフ、
または無線LANカードをパソコンから抜きましょう。


このような行動を取る理由は、
ウイルスの被害の拡大を防ぐためです。


LANケーブルを抜いた後は、
パソコンに詳しい方、
また会社にシステム系の担当者がいる場合は、
担当者に報告するようにしてください。


パソコンがおかしくなったからといって、
あれこれ操作しないようにしましょう。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ウイルスに感染したかも...と思った時に最初に取るべき行動とは?
ウイルスに感染したかもと思った時、まず最初に取るべき行動は、パソコンからLANケーブルを抜くことです。
人やシステムが発する情報が主張どおりであることを確実にしなければならない
情報が主張どおりであることを確実にするために、複数の認証手法を併用して真正性を高めましょう。
仕事を支障なく進めるには可用性を確保しなければならない
パソコンやネットワークで起こりうるトラブルに対して、1つ1つの適したトラブル対応を事前に行うことが可用性を確保することになります。
情報を保護するためには完全性を確保しなければならない
情報が正確かつ完全であることを証明するために、デジタル署名を使用して、完全性の確保に取り組みましょう。
機密性を確保して情報漏えいを防ごう
情報に対して適切なアクセス権を設定し、機密性を確保して情報漏えいを防ごう。

コメントする