セキュリティニュース

2009年4月のMicrosoft修正プログラムは深刻度「緊急」が5件も

2009年4月15日 14:08 | コメント(0)
Office Excel、Internet Explorer、Windowsサービスなどに、
最大深刻度および脆弱性の影響が「緊急」の
脆弱性が見つかっています。


Office Excel、Internet Explorerは、
「リモートでコードが実行される」恐れのある脆弱性のため、
出来るだけ早く、修正プログラム(パッチ)を適用した方がよいです。


⇒ 2009年4月に公開したセキュリティ情報の一覧はこちら


⇒ 修正プログラムの適用はWindows Updateで
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

2009年4月のMicrosoft修正プログラムは深刻度「緊急」が5件も
2009 年 4 月のMicrosoft修正プログラムは深刻度「緊急」が5件もあります。Windows Updateを使い出来るだけ早く修正プログラムを適用しましょう。
請求書を使った覚えやすいパスワードの作り方
住所を活用した強力なパスワードの作り方。請求書やGoogle検索で取得した住所でも複雑なパスワードを作成できます
セキュリティの基礎を会話形式で学べる新連載の紹介
ITmediaでセキュリティの基礎を会話形式で学べる新連載を開始
年1回起きるかどうかのことに、1000万円のセキュリティ投資ができるか?
1年に1回起きるかどうかのセキュリティ上の問題に、1000万円のセキュリティ投資をやるべきか?
自社の情報セキュリティ対策を採点しよう
5 分でできる自社診断シートを使い自社の情報セキュリティ対策を採点しよう

コメントする