物理的セキュリティ対策

バックアップは業務の一環として忘れずに行う

2009年3月 4日 20:35 | コメント(0)

皆さんが作成したファイルは、会社の重要な資産です。
この重要な資産をお金に変えることはできません。

作成したファイル、更新したファイルは、
「もしもの時のために」必ずバックアップを取っておきましょう。

バックアップはセキュリティ的な問題だけで行うのではありません。
パソコンにトラブルが発生した際も、バックアップファイルがあれば、
迅速にデータを復旧することができます。

バックアップは業務の一環と考え、作業を習慣づけるようにしましょう。

そのため、「重要なファイル」や、「紛失すると困るファイル」のみを
バックアップするという考えではなく、
新規作成または更新したファイルは、すべてバックアップするという考えで
行動するように心がけるとよいです。

そうのように行えば、早く習慣づきます。

ちなみに私は、バックアップ作業を、Outlookの「仕事(TO DO)」に追加しています。

Outlook 2007の仕事に「バックアップ作業」を追加

こうしておけば、バックアップ作業を忘れることがなく、自然と習慣づきます。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

社外でノートパソコンを使う際は、ショルダーハッキングに注意すること
社外でノートパソコンを使う際は、画面を肩越しに覗く行為「ショルダーハッキング」に注意して使いましょう。モニタには覗き見防止フィルターを。
紙の持ち出しによる情報漏えいを防ぐのは非常に困難
紙の持ち出しによる情報漏えいを防ぐのは非常に困難。最も簡単で良い対策は、シュレッダーによる廃棄を徹底させることです。
機密書類を安全に廃棄して環境問題に貢献する方法
「機密文書リサイクルサービス」を利用して、機密書類を安全に廃棄して環境問題に貢献しよう
シュレッダーは機密性の高いクロスカット型を選択しよう
シュレッダーの購入を考えている方は、ストレートカット型より機密性の高いクロスカット型を選択することをお薦めします。
ビルやマンションなどの建物選びも情報セキュリティ対策の一つ
災害から大事な情報を守るために、建物選びは慎重に行いましょう。
バックアップは業務の一環として忘れずに行う
障害や災害は忘れた頃にやってきます。バックアップは業務の一環と考え、作業を習慣づけるように心がけましょう。
1秒でできる情報セキュリティ対策
1秒でできる情報セキュリティ対策。その対策とは、席を離れる際に、モニタの電源を切る対策。

コメントする