品質データ管理システムの導入効果を紹介します。

システム開発会社 光システム ホーム >  システム導入効果 > 品質データ管理システム

品質データ管理システムの導入効果

品質データ管理システムは、燃料タンク製造ラインの成形データ、測定データを制御装置より収集し、
不良分析を行うためのシステムです。

工程別の不良個所が検知しやすい検索機能を搭載しているため、品質管理の質を向上するのに貢献します。
異なるメーカーで構成された装置の制御にも対応しているため、ライン全体を統合的に管理できます。

システム導入前の課題

  • バーコードや加工日など、一般的な検索方法でしか製品を探せないため、欲しい情報を探しにくい。
  • 成型ライン、加工、検査ラインを増設するが、既設システムでは、複数のラインを統合して管理できない。

システム導入後の効果

  • バーコードや製品ロット番号、製品加工日だけではなく、目的に応じた様々な方向からの検索を可能にしたため、欲しい情報を瞬時に見つけられるようになった。そのため、作業の大幅な効率化及び迅速化を実現した。
  • 工場内の、どの製造工程を通った燃料タンクでも、製造履歴が確認できるようになった。この効果により、生産ラインを拡大することができたため、ライン全体での生産性が改善された。
052-562-1456
担当:石田、薬師寺

こんな悩みはありませんか?

・ 今のシステムの使い勝手が悪い
・ 今のシステムに機能を追加したい
・ 特殊な業種だけどシステム化は可能?

これらは、私達がこれまでに解決してきたお客様の悩みです。
大丈夫です。お客様の悩みは私たちが解決します!

メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受付けています。 平日17:00以降にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降に順次ご返答させていただきます。

お問い合わせ

担当:石田、薬師寺

052-562-1456
(受付時間:平日9:00〜17:30)
こんな悩みはありませんか?

・今のシステムの使い勝手が悪い
・今のシステムに機能を追加したい
・特殊な業種だけどシステム化は可能?

これらは、私達がこれまでに解決してきたお客様の悩みです。
大丈夫です。お客様の悩みは私たちが解決します!

⇒悩みを解決されたお客様から喜びの声をいただきました!