製造工程データ管理システムの導入効果を紹介します。

システム開発会社 光システム ホーム >  システム導入効果 > 製造工程データ管理システム

製造工程データ管理システムの導入効果

製造工程データ管理システムは、製造工程を通過した時の、重量、製品合否判定情報など
製品実績情報を収集するシステムです。

過去の実績は、日付、バーコード、合否判定情報などにより抽出できます。
本システムを使うことで、正確な製品管理ができるため、サービス及び製品品質の向上を実現できます。

システム導入前の課題

  • 製品の品質を向上させるため、最適な製造管理を実現したい。
  • 過去の製造データを分析することで、製品の品質を高めるための改善をしていきたい。

システム導入後の効果

  • システムに収集データの判定を行う機能を取り入れたため、製品の品質向上につながった。また正確な製品品質の管理が行えるようになった。
  • 収集データを長期保存し、日付、判定結果、成形機No、車種など、様々な方向から検索・分析できるシステムにしたため、製造工程の改善に貢献した。
052-562-1456
担当:石田、薬師寺

こんな悩みはありませんか?

・ 今のシステムの使い勝手が悪い
・ 今のシステムに機能を追加したい
・ 特殊な業種だけどシステム化は可能?

これらは、私達がこれまでに解決してきたお客様の悩みです。
大丈夫です。お客様の悩みは私たちが解決します!

メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受付けています。 平日17:00以降にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降に順次ご返答させていただきます。

お問い合わせ

担当:石田、薬師寺

052-562-1456
(受付時間:平日9:00〜17:30)
こんな悩みはありませんか?

・今のシステムの使い勝手が悪い
・今のシステムに機能を追加したい
・特殊な業種だけどシステム化は可能?

これらは、私達がこれまでに解決してきたお客様の悩みです。
大丈夫です。お客様の悩みは私たちが解決します!

⇒悩みを解決されたお客様から喜びの声をいただきました!